これまでの道のり

出発点

出発点

当社は、2005年(平成17年)9月、MID都市開発株式会社(現 関電不動産開発株式会社)の100%出資により設立したMIDリートマネジメント株式会社が出発点です。

わたしたちの原点

わたしたちの原点

MIDリートマネジメント株式会社の母体であったMID都市開発株式会社は、1952年(昭和27年)12月に松下興産株式会社として創業した会社です。

その後の変遷

その後の変遷

2005年3月、企業再編により不動産事業を松下興産株式会社より営業譲渡を受け、新・松下興産株式会社として再出発。同年9月、松下興産株式会社からMID都市開発株式会社へと商号を変更し、MID都市開発株式会社が出資する当社(旧 MIDリートマネジメント株式会社)が誕生しました。

2006年8月、当社が資産運用を受託するMIDリート投資法人(現 MCUBS MidCity投資法人)がREIT(不動産投資信託)として東京証券取引所に上場

2009年12月、主要株主の異動により関西電力株式会社がMID都市開発株式会社の筆頭株主となりました。

そして現在

そして現在

2015年4月、三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社が、MID都市開発株式会社から当社(旧 MIDリートマネジメント株式会社)の株式を65%取得し、メインスポンサーになりました。

同月、商号をMCUBS MidCity株式会社に変更し、同年6月には、資産運用を受託するMIDリート投資法人の商号をMCUBS MidCity投資法人に変更しました。

2015年10月、大阪府大阪市から東京都千代田区に本店移転し、新たな一歩を踏み出しています。

なお、サブスポンサーとなったMID都市開発株式会社の主要株主である関西電力株式会社は、不動産事業関連会社の再編を行い事業の強化、効率化をはかっています。
そのため、2016年4月に関電不動産株式会社を存続会社、MID都市開発株式会社を消滅会社とする吸収合併を行い、同日付けで関電不動産株式会社は商号を関電不動産開発株式会社と変更しました。

沿革

2005年9月1日
会社設立
2005年10月6日
宅地建物取引業者免許取得
(免許番号 大阪府知事(1)第51806号)
2006年2月2日
宅地建物取引業法上の取引一任代理等の認可取得
(認可番号 国土交通大臣認可第50号)
2006年5月26日
投信法上の投資法人資産運用業の認可取得
(認可番号 内閣総理大臣第64号)
2007年9月30日
金融商品取引法上の投資運用業として登録
(登録番号 近畿財務局長(金商)第43号)(※)
2010年10月6日
宅地建物取引業者免許更新
(免許番号 大阪府知事 (2)第51806号)
2015年4月22日
MIDリートマネジメント株式会社からMCUBS MidCity株式会社へ商号変更
2015年7月17日
宅地建物取引業者免許取得
(免許番号 国土交通大臣(1)第8835号)
2015年10月5日
東京都千代田区丸の内二丁目7番3号へ本店移転
2015年12月25日
金融商品取引法上の投資運用業について本店所在地の変更登録
(登録番号 関東財務局長(金商)第2888号)

※ 本資産運用会社は、証券取引法等の一部を改正する法律附則第159条第1項の適用を受け、金融商品取引法施行日(2007年9月30日)時点において金融商品取引法第29条の登録を受けたものとみなされています。

ひとくちメモ

「MCUBS(エム シー ユー ビー エス)」とは 、
当社のメインスポンサーである三菱商事・ユービーエス・リアルティ株式会社の株主である三菱商事株式会社(Mitsubishi Corporation)と、スイスにある世界最大級の金融グループのUBSを合わせた略称です。また、これにリアルティ(Realty)の頭文字を付けて、「MCUBSR(エム シー ユー ビー エス アール)」とも呼称されています。

MCUBS MidCityの名前の由来については、会社概要をご覧ください。
メインスポンサーのMCUBSRについては、MCUBSRグループをご覧ください。